:::: MENU ::::

Backbone.MarionetteとRailsを使ってSingle Page Application(SPA)を構築する〜バックエンド開発環境整備(Rails/Guard)〜


Backbone.MarionetteとRailsを使ってSingle Page Application(SPA)を構築する〜バックエンド開発環境整備(Rails/Guard)〜

こんにちは、sovaのはき猫です。

sovaではITを使って今の世の中を良くするアプリケーションを作っていきたいと思っています。その第一弾として「クローズドな掲示板アプリ – CircleBoard –」をリリースしました!CircleBoardを使えば、今まで以上に友人や同僚など、周りの仲間との情報共有を活性化する事が出来ると思います。是非使ってみて下さい。

さて、前回はフロント側の開発環境について整備しました。今回はバックエンド側であるRuby on Railsの開発環境を整備していきます。Railsの環境はRubyのテスティングフレームワークであるRSpecと静的コードチェックツールであるRubocopをファイルを保存する度に実行してくれるように設定します。

Railsのインストール

前回、Sassをインストールする際にRubyをインストールしているので、Rubyはインストール済みという前提で話しを進めます。まだRubyをインストールしていない方はここのページを参考にしてRubyをインストールして下さい。Railsのインストールはとても簡単です。下記gemコマンドでRailsはインストール出来てしまいます。

プロジェクト作成

Railsのインストールが出来たら新規にプロジェクトを作成します。プロジェクト名は何でも良いのですが、今回は「backend」とします。railsをインストールするとrailsコマンドが使えるようになります。railsのプロジェクトを作成するには以下のコマンドで出来ます。

タスク自動化ツールGuardの設定

Railsのタスク自動化ツールではGuardを使います。まずはgemを管理するBundlerをインストールします。Bundlerはプロジェクト単位に利用するgemを個別に管理出来るツールです。Bundlerもgemの1つとして配布されているので、いつも通りgemでインストールします。

次にBundlerでインストールするgemを定義するGemfileをプロジェクトディレクトリ直下に定義します。

Gemfileを定義したあと、下記コマンドでgemを一括してインストールします。

これでguardが使えるようになります。次にタスク自動化定義ファイルであるGuardfileを定義します。Guardfileはguardの初期化コマンドを打つとプロジェクトディレクトリ直下に配置されます。

生成されたGuarfileは冗長なので、下記の部分のみ残して残りは削除します。

これで基本的な設定は整いました。あとはguardを起動すればファイルの監視が始まり、監視対象のファイルが保存される度にRSpecとRubocopを自動で実行してくれます。

まとめ

今回はRailsのタスク自動化ツールであるGuardのインストールから設定まで実施しました。これでRailsの開発がはかどります。前置きが長くなりました、次回から実際の開発に着手していきます。


So, what do you think ?